タクシー運転手の鉄則


タクシー運転手ならば、これだけは守れ!
by m9x8anqkqq
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

娘3人に水道水点滴、母親に懲役15年求刑(読売新聞)

 娘3人の点滴に水道水などを混ぜて死傷させたとして、傷害致死罪などに問われた母親の高木香織被告(37)の裁判員裁判の論告求刑公判が17日、京都地裁(増田耕兒裁判長)であり、検察側は「周りから看病に尽くす良い母と見られて心地よさを感じ、満足感を得るための自己中心的な犯行」として懲役15年を求刑した。

 弁護側は「再犯の可能性は低く、家族も厳罰を望んでいない」と執行猶予付き判決を求め、結審した。判決は20日に言い渡される。

 高木被告が同情を集めようとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」だったことについて、検察側は論告で「完全な刑事責任能力があり、刑の軽減は必要ない」と主張。これに対し、弁護側は最終弁論で「判断能力が低下し、刑を軽くする事情になる。こうした精神状態になったことに被告の責任もない」と反論した。また、事件の特異性から、検察、弁護側とも「従来の量刑基準にとらわれずに判決を導いてほしい」と異例の意見を述べた。

盗難手配ミスで車スクラップ 兵庫県警135万円賠償(産経新聞)
ペコちゃん盗で懲役5年=「換金目的で身勝手」―和歌山地裁(時事通信)
民主、小沢氏の弁明歓迎=自民幹事長「遅きに失した」(時事通信)
<普天間移設>平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問(毎日新聞)
<日弁連>生活保護の支給基準緩和提言 受給者に自家用車も(毎日新聞)
[PR]
by m9x8anqkqq | 2010-05-21 10:11
<< 遺伝子組み換えナタネ、伊勢湾周... 何人ご存知?歴史の偉人150人... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧